スポンサード リンク


広々クローゼットのある平屋建て


収納室は、はじめからあるに越したことはありません。
長年暮らすうちに、住居内にはモノがどんどん増えていきます。

押入れやクローゼットなどの収納がない部屋は、
モノをしまうスペースがないので、タンスや物入れを置くことになります。

8畳の部屋も、クローゼットなどを置くことで、
実際の居住スペースは限られてしまうというわけです。

201309092.jpg

限られたスペースでは、できるだけ居住部分を多く取りたいと考えがちですが、
現実的にはモノにスペースを取られてしまうもの。

はじめからウォークインクローゼットなどをつけることで、
「おさまるモノを所有する」という考え方にもつながります。